パワプロスマホアプリまとめ

スマホゲームアプリ「実況パワフルプロ野球」(iOS/Android)の2ch攻略まとめサイトです。

イベキャラ管理人考察 パワプロイベキャラ

【[エプロン]泊方明日音(はかたあすね)・管理人考察】選手兼彼女!体力回復と金特が強力!また敏捷をくれるのもポイント!【パワプロアプリ】

投稿日:2019年3月30日 更新日:

イベキャラ名

[エプロン]泊方明日音(はかたあすね)

得意練習

スタミナ

役割

ガード

金特

一発逆転王(確定)/ギアチェンジ(確定)

上限UP

なし

覚醒

なし

テーブル※修正いたしました。失礼いたしました。

【強い点】

選手兼彼女で筋力ボナと精神ボナを持っている。

金特「ギアチェンジ」は査定がかなり高くコツ3で取得することができる。

やる気が上げれるハイテンションと、体力回復ができるローテンションと使い分けることが出来る。

デート4回目で敏捷が稼げるので、敏捷を使う特殊能力も取得しやすくなっています。

【弱い点】

選手兼彼女ということで初期評価が低い

【おすすめ高校】

【マントル投手】いつも精神足りなくなるんやけど、ダイナマイトでどうにかなるもんなんか?選手兼彼女ということでハート石がデートで獲得できる

得意練習がスタミナ練習ということで、ダイナマイトや精神を稼ぐために必須な、方石採掘場の設計図が赤コツで入手できる

堂江から取得できる「いいやつ」で評価が上げれるので、初期評価の低さも補うことができる。

選手兼彼女ということで通常彼女編成より1人多く、選手をデッキに編成できるということで、ダイナマイトタッグやエールタッグの発生する可能性が高くなる

【無課金の方向け評価(SR35.PSR40)】

35で筋力ボーナスが付くのでスタミナ練習で筋力・精神が一気に稼げるようになる

100%+固有が付くのでやる気を重ねると強い高校が出た時にも対応がしやすくなっています。

【微課金の方向け評価(SR45)】

35との違い45にすることでタッグボーナスと、スタミナ2から4にボーナスが上昇する

スタミナ4にすることでスタミナの直上げする量が抑えられるので、筋力と精神を青特や他の用途に回すことが出来る。(PSR42でタッグボーナスしか付かないので注意!)

【廃課金の方向け評価(PSR50)】

イベントボーナスと回復量が更に増えるので体力管理および経験点が増える

【管理人の考察】

タグボとイベボ・回復量を意識しないのであれば、35でも運用をすることができますが、45でスタミナ4のボーナスがスタミナ上限を使用している場合、ありがたく感じることが出来ます

ギアチェンジは査定が288と投手では最高クラスの金特になっており、査定の低かった通常バージョンから大幅に強化されています。

ローテンション時は通常彼女並に体力が大幅に回復できるのも非常に魅力的です。

実装時にマントル辺境高校においては微妙なのかなと思っていましたが、通常彼女を使用した時と比較しても強い選手が安定して作れるキャラとなっています!

-イベキャラ管理人考察, パワプロイベキャラ
-,


  1. パワプロくん より:

    しれっと平成に戻ってて草

  2. 村人伝説 より:

    管理人さん大変だろうけどやめたら損するから続けてもっと色々役に立つような記事にしたらいいと思います!私も昔苦労しました!
    また記事かこかな

  3. パワプロくん より:

    前の管理人を返して!!

  4. パワプロくん より:

    スタミナ直上げ抑制キャラかあ

  5. パワプロくん より:

    マジでくたばれクソ管理人
    アプリ部でもこのまとめ一切出てこないぞ

  6. パワプロくん より:

    また誤情報掲載したのか
    イベントボーナスも回復量も違うのに

  7. パワプロくん より:

    こいつ引けなかったのは痛かった
    復刻望む

  8. パワプロくん より:

    [エプロン]泊方明日音の紹介は良いと思うけどテーブルの見本のとこ通常明日音の写真じゃなくて[エプロン]泊方明日音のテーブルの写真にした方が良いと思います!

  9. パワプロくん より:

    管理人、直上げの意味をわかっていない

  10. パワプロくん より:

    スタミナの直上げする量が抑えられるのは良いですよね!

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトについて

Twitter (パワプロスマホアプリまとめ)

パワプロ公式サイト

Newパワプロアプリデッキメーカー

ガチャシミュレーター

【注意】相互申請の場合は、「当サイトについて」を必ずお読みください。