パワプロスマホアプリまとめ

スマホゲームアプリ「実況パワフルプロ野球」(iOS/Android)の2ch攻略まとめサイトです。

未分類

【パワプロアプリ】エプロン冴木相良の3種上限突破デッキで選手作ったニキってもうおるか?? 円卓以外だったらどこがおすすめなんや??

投稿日:

鳴響高校

701: パワプロ 2018/02/10(土)14:13:24 ID:8Su
みんなおはよう
エプロン冴木相良の3種上限突破デッキで選手作ったニキってもうおるか?
円卓以外だったらどこ高行けそうかな しらすはキツイやろか

引用元: ・パワプロアプリ部part3560

706: パワプロ 2018/02/10(土)14:13:39 ID:PpK
しらす行けるで

736: パワプロ 2018/02/10(土)14:16:50 ID:8Su
>>706
サンガツしらすいけるか!届け燃やそかな…
708: パワプロ 2018/02/10(土)14:13:51 ID:fV3
明鏡いいで
調整しやすい

728: パワプロ 2018/02/10(土)14:15:47 ID:u1a
めいきょうは安定して強いと思う、経験点バランスの調整がすごい楽や

736: パワプロ 2018/02/10(土)14:16:50 ID:8Su
>>708
>>728
サンガツ明鏡もアリなんやな、デッキ考えんのが楽しくなってきたわ

752: パワプロ 2018/02/10(土)14:18:50 ID:u1a
めいきょうは守備とスイープでヤバい量の敏捷いるからノウミ切ってほむら入れるのもありやで

756: パワプロ 2018/02/10(土)14:19:19 ID:LbO
>>752
さすがにないわ
鳴響楽譜完走で足りるで
一回くらい走塁タッグ踏んで

769: パワプロ 2018/02/10(土)14:21:02 ID:u1a
>>756
ほんまか…
ワイほむら入りでやっとるが数回敏捷枯渇したんやけどめいきょうの立ち回り自体の問題かな

776: パワプロ 2018/02/10(土)14:22:23 ID:AXn
>>769
ほむらというより神成やな
あとはモフモフ使うのもぜんぜんあり
いなくても運ゲーになるが楽譜お祈りでいける

778: パワプロ 2018/02/10(土)14:22:29 ID:LbO
走力肩どこまであげるかにもよるな

782: パワプロ 2018/02/10(土)14:23:10 ID:fV3
自分は敏捷ちょい足りないと思った
モフモフ入れたら余ったけど

786: パワプロ 2018/02/10(土)14:23:37 ID:PpK
>>782
モフモフは可能性の獣だった

-未分類


  1. パワプロくん より:

    やっぱりモフモフなんだよなぁ

  2. パワプロくん より:

    新モフモフに走力上限付いたらデッキがますますわかんなくなるわ

  3. パワプロくん より:

    走力上限来たらスイープなんて介護なしで取れる気がしない…

  4. パワプロくん より:

    新モフモフの練習かイベントで一掃とれるようになれば解決やな!

  5. パワプロくん より:

    モフモフはそもそも元々の金得とかテーブルは良いからなあ
    上限付けたりせん限り今の状態でも使われてないから別ver難しいなあ

  6. パワプロくん より:

    毎回敏捷は足りるけど精神が足らなくなる
    冴さん能見雷入れて足らないのは立ち回りの問題なのか?

  7. パワプロくん より:

    エプロン冴木でてくれ

  8. パワプロくん より:

    6
    楽譜運タッグ運によってはありえる。
    毎回足りなくなるようだと、立ち回りの可能性もある

  9. パワプロくん より:

    8
    途中送信してもうた
    敏捷が足りるはどのくらい?
    もし走力A.Bまで上げてるなら単純に敏捷を意識し過ぎなのかも

  10. パワプロくん より:

    モフモフが抱き合わせなら、ユニサイリは走力上限あるか?
    サイリに限らず、走力上限と肩上限が来たら敏捷キツくね?

  11. パワプロくん より:

    能見雷新谷でなにかが枯渇するって感じは全然しないんだけどどうなんや?

  12. パワプロくん より:

    モフモフはシナリオ金特と被るから結局外れる
    別バージョン待機やな

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトについて

Twitter (パワプロスマホアプリまとめ)

パワプロ公式サイト

Newパワプロアプリデッキメーカー

ガチャシミュレーター

【注意】相互申請の場合は、「当サイトについて」を必ずお読みください。