パワプロスマホアプリまとめ

スマホゲームアプリ「実況パワフルプロ野球」(iOS/Android)の2ch攻略まとめサイトです。

パワプロサクセス

【パワプロサクセスアプリ】投手のサクッと操作で1回に操作外で3点取られたんだけど…。【勝てない】

投稿日:

パワプロアプリ サクセス投手育成

19: パワプロくん 2015/02/14(土) 16:54:55.47 ID:yuvIiNzJ.net
no title

サクッとにしたんだけど、どうしてこうなった…もう後の祭りやんけ…

引用元: ・【パワプロ】実況パワフルプロ野球 サクセス73人目

138: パワプロくん 2015/02/14(土) 19:54:04.83 ID:ML8p5Dz4.net
特効用投手で総経験点4500点だしてBだった…
やっぱりコツとオリ変重要だわ

24: パワプロくん 2015/02/14(土) 16:58:45.14 ID:MiYXOWQR.net
ピッチャー育成マジで時間かかるし強いの作れねーし
サクッとでもノーアウトで回ってきたら3人投げなきゃいけないとかアホかよ

23: パワプロくん 2015/02/14(土) 16:57:59.58 ID:Ma5PwFPb.net
投手のサクッとは全然サクッとじゃない件
あと15回で援護1点とかなめすぎ

26: パワプロくん 2015/02/14(土) 17:00:31.79 ID:SaFqMYG0.net
でも野手は飽きたからピッチャー作っちゃうよね

107: パワプロくん 2015/02/14(土) 19:18:07.74 ID:awni3q+L.net
AランSラン投手量産してるやつらはもちろんサクッと自操作なんだろうけど、難易度高すぎない…?

毎回自操作してないのに失点→ムエンゴで死ぬんだが。だいたいどのくらいの頻度で決勝まで行ってるの?ほんとに切れそうなんだわ。
重い玉つけるくらいしか対策思いつかないんだけど、他に優先的に上げるパラメータとかあればアドバイスまじで頼むわ

135: パワプロくん 2015/02/14(土) 19:52:15.81 ID:SaFqMYG0.net
>>107
ゴミへの交代先延ばし~回避、無操作時の失投の一発を抑える、四球減らすため
重い球ノビ打たれ強さ対ピンチ逃げ球尻上がりノビスタコン上げ
最低限コレ付けとけば殆ど失点ない気がする
場合によっては緩急とかキレとかおまけで勝ち運とか
尻上がりは先発作らないなら不要
ムエンゴはどーしよーもない

199: パワプロくん 2015/02/14(土) 20:50:25.74 ID:DkaDuk5V.net
投手での試合操作みんなどれでやってる?
自操作だと勝手にHRで失点したり、味方がムエンゴだったりで安定しない
ピンチャンや8回だと安定して勝てるけど、経験点がちょっと少なく感じるからできれば自操作でやりたいんだよね
ピンチャンと8回の経験点の基準って失点だっけ、それとも点差だっけ

217: パワプロくん 2015/02/14(土) 20:57:33.99 ID:aDgHaUX5.net
>>199
毎回パワ高自操作でやってるけど甲子園に出場すらできないことがよくある
当たればでかい博打みたいな感覚

236: パワプロくん 2015/02/14(土) 21:07:41.07 ID:jvLHkUIQ.net
投手作るなら瞬鋭いいだろ
サクッとで勝てるのはでかい

管理人「村人伝説」より

投手のサクセスは不満が皆多いみたいですね。やっぱり操作外の失点で経験点が減るのはつらすぎる・・・。
操作外まで経験点に影響するので、投手で試合の最高経験点を取るのはかなり難しいですよね。

レスで瞬鋭の方が勝ちやすいとあるけど、個人的には投手は瞬鋭の方が勝ちづらいような・・・。
私は、パワ高は「投手がよく炎上するけど、打線はちょこちょこ打ってくれる」瞬鋭は「投手が炎上しづらいけど、打線が全然打ってくれない」ってイメージです。

ココ最近バトスタ用の投手を瞬鋭で作ってたけど、デッキに友沢、茶来が入ってるのに全然打ってくれないんだよなぁ・・・。
瞬鋭は、才賀はバッティングかなり有能だし、小平もオールCのアベヒ、流し打ち、内野安打持ちだからもっと打ってもいいハズなのに。

投手育成は気長に回数をこなすしかなさそうですね。
野手控えをA以上、投手も全員C以上にしたら、投手をサクッと操作でB以上を目指してみようかなぁ・・・。

-パワプロサクセス
-


この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトについて

Twitter (パワプロスマホアプリまとめ)

パワプロ公式サイト

Newパワプロアプリデッキメーカー

ガチャシミュレーター

【注意】相互申請の場合は、「当サイトについて」を必ずお読みください。